ぱくたそさんの写真素材でシネマグラフを作ってみました!メイキング


ぱくたそさんの写真素材でシネマグラフを作ってみました!メイキング


ぱくたそさんの写真素材でシネマグラフを作ってみました!メイキング

今回はシネマグラフというアニメーションGifを作ってみました。写真の一部を動かして不思議な効果を出しています。本来動画を基に作成するみたいですが、私はAfter Effectsを使って写真素材から作ってみました。

スポンサーリンク

シャボン玉を吹くツインテールの女の子のシネマグラフを作りました

以前PHOTOSHOP VIPさんのシネマグラフに関するエントリーを見て、面白いなぁと思ったので作ってみました。素材をお借りしたのは無料写真素材のぱくたそさん。このブログでよく使用させて頂いてます。

今回使用させて頂いた素材はこちら。さわやかなシャボン玉の素材です。

空に向かってシャボン玉を吹くツインテールの女の子
こちらにAfter Effectsでシャボン玉を合成してアニメーションGifに書き出しました。
空に向かってシャボン玉を吹くツインテールの女の子
ちなみにmp4で書き出したのはこちら。アニメーションGifの方が写真感があって面白いですね。

このシャボン玉ですが、After Effectsの「泡」エフェクトを使用しています。
公式ページを見ながらあれこれいじって調整しました。
改めて見るとちょっと散布しすぎてるような・・?次回への課題としておきます:)

別で用意したシャボン玉素材を取り込んで[エフェクト]-[シミュレーション]-[泡]を選択します。
泡エフェクトを選択します
エフェクト設定画面のキャプチャです。長いですがご参考までに。
After Effects泡の設定
これはもう適当・・・というかプレビューしながら微調整の繰り返しです。AE初心者なので偉そうな事は書けませんが、気をつけた事を忘れないように書き残しておきます。擬音多め。各エフェクトの詳細は公式ページに紹介されているのでご参照ください。

  • 作成ポイント:泡の発生ポイントを指定します。シャボン玉を作る輪っかのあたりに指定しています。その下の[プロデューサーXサイズ][プロデューサーYサイズ]で発生の範囲を絞れます。輪っかから発生させるには小さい数値を設定します。最初ここの指定を飛ばしていた為、広範囲からぶわーっと発生して悩みました。。。
    作成ポイントの指定
  • 泡の成長速度:発生したシャボン玉が最大サイズまで膨らむ速さを指定します。ゆっくりふわぁーっと飛ばしたいので最小限に抑えました。モコモコのハンドソープとか食器用洗剤のような泡を作るときは速度を上げてすぐに弾けさせると良いかも。
    成長速度の指定
  • 風の方向:シャボン玉が流れる方向を指定します。発生ポイントから左上に流しています。上にある[風の速度]や下にある[乱気流]、[揺らす量]の数値を大きくすると強風の中シャボン玉がばぁーっと舞っているようになります。今回は写真素材の雰囲気に合わせて最小限に。
    風の方向の指定

ピストルを構えるエージェントのシネマグラフを作って見ました

続いて株式会社LIG (リグ) 広報ひろゆきさんの素材を使用させて頂きました。

ピストルを構えるエージェント
加工後がこちら。サンプルのため煙多めにしたら湯気みたいになった・・!
ピストルを構えるエージェント
右のスペースにキャッチを入れれば何かに使えそう。何か・・・何だろう。
こちらも煙はAfter Effectsで作りました。シャボン玉は写真となじませるのに時間がかかったのですが、こちらは黒背景で比較的簡単でした。
[エフェクト]-[シミュレーション]-[パーティクルプレイグラウンド]を選択。これを使うと、下から上に粒子が吹き上がるようなエフェクトができます。噴水とか火花のような感じです。
パーティクルプレイグラウンド
エフェクトの設定はこちら。これも感覚で設定しています。勉強しなくては・・・。
パーティクルプレイグラウンド設定
パーティクルプレイグラウンドだけでは煙になっていないので、[エフェクト]-[ブラー&シャープ]-[CC Cross Blur]を選択。Blurは"ぼかし"です。プレビューを見ながら調整します。
CC Cross Blur
編集が終わったら、必要箇所を切り取って書き出します。アニメーションGifなので、ループの最初と最後の動きを合わせるように作ります。

最後に

シネマグラフはパッと見のインパクトがあって楽しめるのが最大のメリットですね。デメリットは制作時間でしょうか。After Effects等の動画処理ソフトは重いので、それだけで時間がかかります。
PHOTOSHP VIPさんのリンクにあるチュートリアルは動画を撮影し、Photoshopに取り込んでで作成してます。こちらは撮影さえすればphotoshopだけで完結できる方法です。
あと、youtubeに動画アップすると再圧縮されるんですね、、画質が落ちてしまいました。今回はアニメーションGifがメインですが、動画作成する場合はエンコード知識が必要ですね。
元々動画作成に興味があったので、またちょこちょこ作ってみようかと思います!



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA