Photoshopアクション+バッチを使って大量の画像をリサイズする方法


Photoshopアクション+バッチを使って大量の画像をリサイズする方法


[ウィンドウ]-[アクション]からアクションパネルを開きます

ECサイト等、大量の画像を加工している方もいるのではないでしょうか。
また、そろそろ新入社員入社の時期。Photoshop慣れていない未経験デザイナーの方も多いと思います。
バッチを使えばあっという間にできる作業に何時間も費やしたらもったいですね。

今回はPhotoshopバッチを使って単純作業を効率化する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Photoshopアクション+バッチで大量の画像をリサイズする方法

この時期、春の新商品ラインナップとして大量の画像を加工する人も多いと思います。
まずは大量の画像を一気にリサイズする方法をご紹介。制作環境PhotoshopCS6。
ここでは複数の画像を横幅500pxにリサイズすると仮定します。

  1. Photoshopを起動し、対象画像を1枚開きます。
    photoshopを起動し、対象画像を1枚開きます。
  2. [ウィンドウ]-[アクション]からアクションパネルを開きます
    [ウィンドウ]-[アクション]からアクションパネルを開きます
  3. [新規アセットを作成]をクリック。アクションパネルの下にあるフォルダをクリックします。
    [新規アセットを作成]をクリック
  4. [新規アクション]をクリック。フォルダマークの隣にあります。[アクション名]を指定して[記録]します。
    [新規アクションを作成]
  5. あとは画像サイズを500pxにリサイズ。
    画像サイズを500pxにリサイズ。
  6. 例えば、元画像がjpgでpngで保存したい場合はそこまで記録します。後でバッチを回した時、全てここで保存時に指定したフォルダに保存されますのでご注意ください。ここでは[hozon]フォルダを作ってそこに保存しています。
    ここでは[hozon]フォルダを作ってそこに保存しています。
  7. 終わったら[停止]を押します。アクションパネルの下部にあるアイコンの一番左が停止です。
    停止

ここまでがアクションの作り方です。[記録]を押してから[停止]までの作業をphotoshop側で記録されます。

photshopバッチ処理で複数ファイルに一括でアクションを適用させる

続いて、作成したアクションを複数ファイルに一括適用させてみましょう。
※念のため元画像は必ずバックアップを取っておいてください。
事前準備として、一括処理を行いたいファイルはまとめて1つのフォルダに入れておいて下さい。ここではデスクトップに新規フォルダ[goods]を作って作業しています。

  1. [ファイル]-[自動処理]-[バッチ]をクリック。
    [ファイル]-[自動処理]-[バッチ]をクリック。
  2. 先ほど作ったアクションを指定。処理を行いたい画像が入っているフォルダ(ここでは[goods]フォルダ)も指定します。
    [実行後]は[保存して閉じる]を指定。ファイル名そのまま保存する場合は[別名で保存コマンドを省略]にチェック。そして[OK]でバッチ処理が実行されます。
    8
  3. 次々にphotoshop上に対象画像が開かれ、自動処理が行われます。
    次々にphotoshop上に対象画像が開かれ、自動処理が行われます。
  4. すべての処理が終わったら[hozon]フォルダを見てみましょう。リサイズされた画像が保存されています。アクションを作るときに「png」で保存を指定しているので、pngで保存されています。
    リサイズされた画像が保存されています

一度覚えてしまえば簡単ですね!



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA