日本人に馴染みのある白銀比のあれこれ


日本人に馴染みのある白銀比のあれこれ


法隆寺五重塔

「黄金比(1:1.6)」とは最も美しいと比率と言われ、建築やデザイン、絵画などあらゆるものに取り入れられています。クフ王のピラミッド、アテネのパルテノン神殿、国旗、螺旋階段etc…
WEBの世界でもおなじみで、ご存じの人は多いと思います。しかし、1:1.4の白銀比と呼ばれる比率も存在しており、日本人は古くから白銀比に囲まれて生活してきました。今日はこの「白銀比」を掘り下げてみようと思います。

スポンサーリンク

西洋の黄金比、日本の白銀比

まず、簡単に「黄金比」「白銀比」とは何か。

  • 黄金比・・・1:1.618≒5:8・・・ ピラミッド、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、
  • 白銀比・・・1:1.414≒1:√2・・・ A判用紙、風呂敷、法隆寺、菱川師宣「見返り美人図」etc…

黄金比は上記の例の他にも、ヒマワリの種の付き方、気象衛星で見た台風、DNAなどあらゆるものに潜んでいます。モナ・リザの顔の縦横比も1:1.6の黄金比と言われています。

古くから日本人と共にある白銀比

では私たちの身の回りにどのような白銀比があるのでしょうか。1と√2・・・うーーん。昔、数学で出てきたような、、なんだっけなぁ??図形で出てきたような・・・お!

正方形の1辺と対角線の比が1:√2なのです!
正方形の白銀比
この正方形が私たちにとても馴染み深い。
例えば、794(鳴くよ)ウグイス平安京。教科書で見たことのある人も多いと思いますが、平安京は綺麗な碁盤の目状の都市となっています。碁盤の目の最小単位は、「町」と呼ばれ、120メートル四方の正方形だったそうです。

そして土地の上には建物。日本は木造建築ですね。一本の丸太から効率よく木材を伐り出すには正方形が適していました。そして、寸法の測定に使用する「曲尺(かねじゃく)」という道具にも√2が登場します。
丸太から正方形・・・円に内接する正方形・・・そう言えば、家紋も円形が多かったなぁ。なんて次から次へと白銀比が登場します。
現代においても、人気のあるアニメキャラクターやアイドル、タレントの顔の比率などには白銀比が潜んでいるようですよー。無意識に安心感や親しみを感じているのかもしれませんね。
法隆寺の白銀比

WEB制作における白銀比

日本人になじみ深い白銀比。WEBサイト制作に活用してみてはいかがでしょうか。
当サイトは、ロゴや、アイキャッチ画像、アイコン等に白銀比を取り入れています。
web制作における白銀比
他にもバナーや、全体レイアウトなど活かせる事は様々。
このような比率を使用していると、クライアント説明も楽になるかと思います。

私たちの身近に潜む白銀比、黄金比。制作の際に迷ったら取り入れてみるとよいかも。
白銀比の計算にはこちらのサイトが役立ちます。

参考文献



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA