容疑者500人!仮面の下の真実に辿りつけ「マスカレード・ナイト」レビュー

マスカレード・ナイト

前作「マスカレード・ホテル」に続き、刑事・新田浩介(木村拓哉)とホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)のバディが復活!
今回は「マスカレード・ナイト」つまり仮面舞踏会が舞台となる。
参加者全員が仮面を装着するパーティ会場。
タイムリミットは24時間。新たな犠牲者が出る前に犯人に辿りつくことができるのか・・・。

容疑者500人、タイムリミット24時間

2件の殺人事件。
感電死とロリータファッション。
何故同一犯だとわかる証拠を残したのか?
犯人の本当の目的は何なのか。

怪しい宿泊客が数人。彼らの発言の真否を見抜くことはできるか。

いつでもかっこいい木村拓哉

今回も健在。
登場から中村アンとの妖艶なアルゼンチンタンゴを披露。
タンゴに合わせて揺れる長髪も色気があって良いが、前作同様ホテルへの潜入捜査。スッキリした短髪へと変身する。

警察VSホテルマン

ホテルの従業員達へ協力を仰いでの潜入捜査であるが、それぞれの立場のもと対立してしまう。

ホテル側

  • お客様のプライバシーを護る。
  • お客様を信じたい。
  • お客様へいつものステイを提供したい。

警察

  • 一刻も早く事件を解決しなくてはならない。
  • 全員が容疑者。
  • ホテルマンも含めた全員の命を護りたい。

ホテル業務もこなしながら捜査を進めなければならない。無関係のお客様へいつものサービスを提供したいホテル側と全員を疑う必要がある警察。無関係の宿泊客を疑う事に嫌悪感を露にする山岸。難航する操作に苛立つ新田。どちらも成し遂げたい業務があり、護りたいものがあっての行動。

連続殺人犯が紛れ込んでいる中で、捜査とホテル業務をどうバランスを取るか。
怪しい人物へどう接触するか。前作、「マスカレードホテル」に続き、新田と山岸の掛け合いは今回も見どころである。

また、山岸は、ロスへの出向の話が舞い込む。業務をこなしながら、優秀なホテルマンとは?を試される事となる。
お客様のご要望にNOを出さない事をモットーに働いているが、次々と無理難題を要求される山岸。彼女がホテルマンとしてどう対応したかも見届けて欲しい。

作品情報

  • 作品名:マスカレード・ナイト
  • 公式HP:https://masquerade-night.jp/index.html
  • 監督:鈴木雅之
  • 原作: 東野 圭吾
  • 出演:木村拓哉 長澤まさみ 小日向文世 梶原善 泉澤祐希 東根作寿英 石黒賢 沢村一樹

コメントを残す