和風デザイン、和風テイスト・・・そもそも「和風」って何だろう?


和風デザイン、和風テイスト・・・そもそも「和風」って何だろう?


和ってなんだろう

和風デザイン、和風建築、和風テイスト・・・テレビ番組では「和風総本家」という人気番組もありますね。何気なく使っていたけど、そもそも「和風って何だろう?」って事を考えてみました。

スポンサーリンク
ウィキペディアの「和風」によると以下のような記載がありました。

和風(わふう)は、音楽・美術・建築などの芸術や衣食住などの文化において「日本的」特色や味わいを形容する言葉。 この言葉は常に他の国からの影響と対比して用いられる。 類語には和様(わよう)、和式(わしき)、「日本式」、「和風テイスト」、「日本テイスト」などがある。 和風の中でも「純和風」や「モダン和風」と細かく区別して用いられることもある。 書や寺院建築の分野では「和様」を用いることが多い。
(ウィキペディア 和風より)

つまり、日本的特色を取り入れた表現が和風にあたります。
では和風なデザインって何でしょう??
私はWEB業界に長くいるので、WEBサイトを例に話を進めたいのですが、「和風なデザインでお願いします。」と言われた際、気を付けるべき事はなんでしょうか。
和風とは?
ここでは、「和風なデザインのサイト」=「日本ならではの特色を取り入れたデザインのサイト」と定義した上で話を進めたいと思います。

「日本的特色=和風」と言っても様々。どんな「和風」が求められているのか

江戸、明治、大正、昭和、平成・・・時代が変われば流行や時代を代表する特色も変化します。

例えば下記3つのサイト。日本人であれば「和風だな」と感じる人が多いと思います。でも印象はそれぞれ違いますよね。
3つのサイトはそれぞれ異なる「日本ならではの特色」を取り入れている為、同じ和風でも違う印象を与えているのです。

1.SAKANAYA http://www.sakanaya-nara.jp/

SAKANAYA
町人文化が栄えた江戸時代を思わせる画が採用されている。庶民的、親しみのある雰囲気。魚の擬人化?とも見える遊び心が斬新な和風サイト。

2.日本舞踊 宗家立花流 http://souke-tachibanaryu.jp/index.html

日本舞踊宗家立花流
平安時代の屏風絵を思わせる画をメインビジュアルに採用。華やか、豪華な印象のサイト。

3.葵山葵 http://www.aoiwasabi.com/

葵山葵
家紋を思わせるモチーフを多く取り入れているが、背景色は近代的で新しさを感じる。

サイトの目的に合った和風を取り入れる

これらのサイトはきちんとサイトの目的に合ったモチーフ、配色を取り入れているのが伺えます。

1つ目の「SAKANAYA」さんは魚専門のランチ、ディナーや料理教室をしているお店。
このお店では、音楽、アートなどのコラボレートも募っており、人との繋がりを大切にしたお店のようです。「人との繋がり」「活気」を連想させる江戸テイストは充分にお店のイメージとマッチしているのではないでしょうか。
逆に豪華絢爛、優美な平安テイストだと実際のお店とのギャップを感じたかもしれませんね。

2つ目の「日本舞踊 宗家立花流」さんは屏風絵のようなビジュアルをトップページに大きく載せています。優美、豪華なイメージのビジュアルは、日本舞踊の華やかさにマッチしていますね。

3つ目の「葵山葵」さんはジュエリーブランドです。和のモチーフをサイト全体に使用している理由は、「古来より伝わる和の美に薬味を添え、形をなす」というブランドコンセプトから伺えます。こちらはジュエリーのサイトなので、古っぽくても安っぽくてもいけない。背景色の彩度を調整して現代っぽい新しさ、スタイリッシュな雰囲気を出しているようです。和モチーフ×現代色って事で、分類するなら和モダンになるのでしょうかね。

このように、「何のサイト」で「何を伝えたいか」を明確にしてから、和の要素をデザインに取り入れると、テーマに合った和風デザインを作る事ができます。デザインに取り入れるモチーフはどんな意味を持っているか調べておくのも大切な事です。
日本人は古くから言葉以外の方法でメッセージを伝えるのが好きな人種です。文字以外の要素にもメッセージを隠しておくのも粋な演出ではないでしょうか。

この記事に使った素材

和風デザインを作るときに、素材探しに苦労していませんか??
私は無料イラストなら【イラストAC】に登録しており、今回着物の女の子のイラストはここからダウンロードしました。
ichihoさんというイラストレーターさんの提供素材です。良かったらご利用くださいね!
ichihoさん作
着物の女の子素材の配布ページはこちら

kimonogirl
その他にも高品質な素材サイトは沢山あります。お金は掛かっても良いから自分だけのオリジナルイラストを使いたい!という人は「イラストのオーダーメイドマーケット【SKIMA】」や「ランサーズ」でイラスト依頼をしてみても良いかもしれません。ランサーズはコンペ形式にすれば、複数のデザイナーさんの案から気に入ったものを選ぶことができます。
他にも知名度が高く、写真・イラスト供豊富な「Shutterstock」や「ストックフォト【PIXTA】」などからお好みのサイトに登録しておくといざという時の素材探しが楽ですよ!

いやいや会員登録なしで無料ダウンロードがいい!という人はこちらの記事に素材配布サイトを紹介していますので良ければ。

和風デザイン勉強会