[昭和レトロポップ]Illustratorで花を描くチュートリアル-和素材作り-


[昭和レトロポップ]Illustratorで花を描くチュートリアル-和素材作り-


[昭和レトロポップ]Illustratorで花を描くチュートリアル-和素材作り-

昭和レトロポップチュートリアル3つ目です。今回はIllustratorの「パンク・膨張」機能を使って、簡単にかわいいお花を作ります。製作環境IllustratorCS6

スポンサーリンク

Illustratorでシンプルなお花の作り方

以前紹介した桜と作り方は同様です。

Illustratorで桜をつくる – 和素材作り -
今回は昭和レトロポップ風のお花を作りたいと思います。パターンなどのアレンジ例もご紹介していますので、参考までにどうぞ!
ブラシ適用

  1. Illustratorを起動し、新規ファイルの作成。[多角形ツール]を選択し、辺の数8を指定し[OK]をクリック
    手順:多角形ツールを選択
  2. [効果]-[パスの変形]-[パンク・膨張]を選択。
    [効果]-[パスの変形]-[パンク・膨張]を選択。
  3. プレビューを確認しながら、数値を調整します。
    プレビューを確認しながら、数値を調整します。
  4. [楕円ツール]で作成した円を重ねて完成!
    [楕円ツール]で作成した円を重ねて完成!
  5. [パンク・膨張]の数値を変えると色々作れます
    [パンク・膨張]の数値を変えると色々作れます
    アレンジ例

アレンジ1:ラフ効果で花びらを崩す

  1. [効果]-[パスの変形]-[ラフ]を選択。プレビューを見ながら数値を調整します。
    [効果]-[パスの変形]-[ラフ]を選択
    プレビューを見ながら数値を調整します。
  2. 一度適用した効果は[アピアランス]から再編集する事ができます。
    [アピアランス]から再編集する事ができます。

アレンジ2:アピアランスで編集

パンク・膨張で作成した花をアピアランスでアレンジします。
アピラランスパネルから[新規線を追加]。
アピラランスパネルから[新規線を追加]。
新規線を追加
色を調整すればできあがり。

色を調整すればできあがり。

アレンジ3:パターンの登録

パターンを登録するととっても便利です。
CS5以前の環境の方はこちらで紹介している方法でパターンを登録してみてください。

  1. [オブジェクト]-[パターン]-[作成]を選択。
    [オブジェクト]-[パターン]-[作成]を選択。
  2. パターンオプションを調整
    パターンオプションを調整
    パターンの登録
    パターンの登録
    パターンの登録

アレンジ4:ブラシに登録する

ここでは散布ブラシを登録してみます。

  1. 作成したオブジェクトをブラシパネルにドラッグ。[散布ブラシ]をチェックして[OK]
    散布ブラシを登録
  2. ブラシオプションを編集する
    ブラシオプションを編集する
    ブラシが登録されている
  3. 直線を引いてブラシを適用してみました。
    直線にブラシ適用
    ブラシ適用

素材作りの時間が無い!そんなときはIllustACへ。高品質なフリー素材が沢山。

イラストACに登録すると、毎日一般公開前の素材を無料配布してくれるのでお得です。一般公開後は有料になるものを特別配布しているようなので、気になる方はメルマガ登録してみては?
商用でも無料で利用でき、クレジット表記も必要ないイラスト素材サイト「イラストAC」

和素材を配布しているイラストレーターさんの紹介はこちらに書きました。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA